UVレジン工作に挑戦4

これまでUVレジンでいくつか工作してきましたが、ほとんど製作の様子などについては触れてこなかったので、今回は使用した材料を解説など交えて紹介していきましょう
ブログのアクセス解析を見てみると、「UVレジン+」のワードで検索していらっしゃる方が結構いるようなので、これからUVレジン工作を始めようという人向けにkunchanがUVレジン工作したときに思ったこと感じたことを、使用した材料の紹介を兼ねて経験をもとに解説していきたいと思いますε=(〃'ω')
といってもあくまでkunchanの所感ですので参考程度ということでお願いしますね
それと今回はミール皿やフレームを使った工作ではない(kunchanがまだやったことがない)のでご了承くださいませ。



先ずは水晶の型取り。
UVレジン工作に挑戦で紹介した「スーパークリアシリコーン」です。
左のシリコンと右の硬化剤を10:1の割合でよく混ぜます
DSC_0455-1_20160912200454921.jpg
型枠(カップ状のもの)を用意し、その中に原型(水晶)を立てて固定し、硬化剤を混合した水あめ状のシリコンを静かに流して(垂らして)いきます。
硬化するまで約一日かかるので静かに待ちます(゚-゚*;)







インテリアボトルの製作の時にできたのがコレです(。-_-。)
UVレジン工作に挑戦2UVレジン工作に挑戦3のペンダントの型取りも大きさが違うだけで、これとほぼ同じです。
DSC_0445-1_20160912200451800.jpg
「スーパークリアシリコーン」は気泡の抜けの良さによるクリアー感がウリだったのですが気泡だらけになってしまいましたorz
たぶん、高さ=厚さがありすぎて、完全硬化までに気泡が浮き上がりきれなかったのでしょう。
綺麗なクリアー状態であればレジンを流すとき、その様子を確認しながら流せると思ったのですが気泡で見えにくくなってしまいました(´・_・`)
ですがUVレジンの硬化はしっかりとできたので、UVライトの紫外線は十分透過するようです


そして型取り作業で注意しなければならないのが「テーパー」です。
シリコン型-1

今回は分割して型取りをしているわけではないので原型の水晶を抜き取る向きを考えて型を作る必要があります。
水晶の先細っている方を抜き取り方向にしてしまうと、シリコン型から水晶が抜けなくなってしまいますよ…アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ







シリコンがしっかり硬化したことが確認できたら、型枠を取り除き、できたシリコン型から水晶(原型)を取り出し、今度はその取り出したところからレジン液を流します。

そしてこれが使用したkunchanが使ったUVレジン液です。
左から、セリア(4g)、キャンドゥ(4g)、ダイソー(5g)、清原(55g) の製品です。
DSC_0460-1.jpg
UVレジン液量1グラムあたりの価格(税込)は
セリア…¥27
キャンドゥ…¥21.6(画像はハードラメタイプ4gですが、普通ハードタイプは5gなので)
ダイソー…¥21.6
清原…¥36.364(最安値?Amazon等で¥2000で購入した場合)



キャップを開けるとそれぞれ形状が違いますb(’0’)d
DSC_0462-1.jpg
キャンドゥとダイソーは単価が一番安いのですが、先端の形を見てもわかるように細かいところに液を流すにはあまり向いておらず、さらに気泡も入りやすいです。
ですが気泡が入っても構わないような部分に使うには一番コストパフォーマンスが良いです

一番使い勝手が良いのはやはり清原のレジン液ですね。
高価ですが100ショップのレジン液に比べて液の粘度が低くサラサラなので気泡が入りにくく、気泡が入っても取り除きやすいです。
先端も細くなっているので細かいところにもレジン液が流しやすいです。
また臭いも比較的少ないので、レジン液の品質自体がいいのかもしれません。
お金に余裕があればこちらを使いたいですね

セリアは清原の容器のように先端が細くなっているので使い勝手は良いです。
そしてセリアのUVレジンはカラーの種類がとても豊富。
レジン液の着色はパウダーを無色クリアレジンに混ぜても作れるのですが、パウダーを混ぜすぎると硬化不良を起こしたり、均一のカラーをつくるのが大変なので、最初からカラー液を使う方が断然楽だと思います。
実際に売り場をみてみると、VUレジンコーナーがかなり充実しているので、セリアがレジンの販売にチカラを入れていることがわかります。
比較的安価で初心者でもUVレジン工作をじっくり楽しむことができるくらいパーツも充実しているので、セリアさんにはこれからも頑張ってほしいところですね



ですが、いづれのUVレジンも硬化前の液の状態のときは、身体に有害です
また、紫外線で硬化中も発熱し有害物質が揮発するようなので、作業時には手袋をして換気をしましょう

kunchanは昼間に換気のために窓を開けて作業していたのですが、入ってきた日差しで調色中のレジン液が固まってしまう失敗もしてしまいましたが
作業は日が陰った後のほうがよかったのかもしれませんね。






なんだか文章が多くなってしまいました
記事がすこし長くなりそうなので、ここで一旦区切らせてもらいましょう(;^_^A

VUレジンの工作に興味のない方には退屈だったと思います、すみませんでしたm(*- -*)m
もし興味があれば次回もよろしくお願いしますね








~~おまけ~~






ぷゆかたまに羽が生えたよ
DSC_0529-1.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kunchan

Author:kunchan
オビツドール1/3ボディサイズの創作した自作ヘッドやカスタムヘッド等を趣味で作っています。リンクフリーですが、ひと声かけて頂けると嬉しいです。

※ブログには製作途中のヘッドや未塗装ヘッドの画像もありますので、苦手な方は閲覧にご注意ください。

※ブログ内の画像や文章、記事等は予告なく変更いたします。

※ブログ内の画像や文章、記事等の無断使用はご遠慮ください。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム